新郎新婦

少人数で行なう家族婚が人気┃アットホームで気を使わない

目の届く規模で行える

式場

近年は大規模で盛大な結婚式よりも、少人数の小さな結婚式に注目が集まっています。会社の上司や同僚などを義理で呼ぶ必要もなく、本当に近しい間柄で心のこもった結婚式が挙げられると人気です。予算も200万未満と若いカップルにも無理なく出せる金額になっています。

More...

披露宴より大変

ウェディング

二次会の幹事には、向いている人とそうでない人がいるので、性格を良く考慮して選びましょう。費用をできるだけ抑えるためには、できることは自分たちで手配すると言うことが大切です。お金をかけるところ、かけないところをきちんと見極めて準備をすすめなければいけません。

More...

招待状に思いを乗せる

招待状

結婚式招待状は夫婦が手作りすることも可能です。それによって参列者の皆さんにこれまでの感謝を伝えることができるのです。こうした招待状にはリボンや花などのワンポイントをつけることもできます。できるだけ印象深い結婚式招待状を作りましょう。

More...

親戚だけでも盛り上がる式

結婚

最近注目度がアップしている家族婚。両家の両親や近い親戚のみを招いて行う結婚式の事です。メリットは実に多くあります。まず少人数なので費用も安く済みますし、料理や引き出物などをゲスト一人一人に合わせて用意することも可能です。ゲストが親戚ばかりなのでスピーチも堅苦しくしなくていいですし、派手な演出も不要です。カラオケなどで十分盛り上がることができます。またゲスト一人一人とゆっくり話す時間が取れるので、日頃は照れくさくて言えないような感謝の気持ちを伝えることができます。これらは会社の人も呼ぶような大人数の結婚式では決してできない事です。このように人数が少ない分、きめ細やかなおもてなしが出来るので、家族婚の人気が集まっています。

派手な演出がなくてもアットホームな式にできるのが家族婚のいい所ですが、せっかくなので家族の絆に注目した演出などしてみたいですね。結婚式は新郎新婦だけでなく、両家の家族にとっても一大イベントです。まずはヴェールダウン。これを新郎ではなく新婦の母親にやってもらうと、母が娘を送り出すことになります。またファーストバイトと言う演出がありますが、これにちなんで新郎の母親が新郎にケーキを食べさせる「ラストバイト」というものもあります。両親への新婦の手紙は泣けるシーンですが、最近では母親から新郎新婦への手紙を読むのも増えているのだとか。どれもお金がかからず感動できるものばかりです。これから家族婚を考えている新郎新婦はやってみることをおススメします。